わたしたちのビジョン

誰からも憧られるようなモデル企業を増やすこと
社員をボロ雑巾のように扱う企業を減らすこと。

儲けの道具にしか考えていない企業をなくすこと。

そのために、批判するのではなく「社員を大事」にした方が

長期的に「得する」という「モデル企業」を日本社会に増やしていきます。

メディアが「ブラック企業」と批判しても、何もかわりません。

そうではなく「どう考えてもこっちのほうが得だな」

と思わせるモデルを日本社会に提示することが重要です。

なぜなら、批判は硬直を生み、憧れは成長を生み出すからです。

TEAM-IN(チームイン)は、社員を大事にした結果、

本来の人間が目指すべき、会社も社員も幸せになる新しい働き方を示していきます。

DSC09930_edited.jpg

​「この会社に入って本当によかった」を
誇張ではなく本当に実現するため

 

ミライへの「考える時間」 [自動保存済み].jpg

​なんでも話せる第三者

リーダーの左腕として

1.5行目の幹部社員として

​組織のコミュニケーションを循環させていきます。