財布を盗んだ相手に自白させた、感情コミュニケーション

更新日:9月19日





 社内コミュニケーション大全:2022/8/14

▶━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◀

▶【1】本日のタイトル

▶【2】今日の記録

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この記事は、エンジニアなどの予備知識がない人でも

職場での社内コミュニケーション、メールスキル、経済、政治、会計など、ビジネススキルにもっと気楽に触れてほしい。という想いで書いています。

ビジネス・アレルギーを払拭していただければ嬉しいです。

―――――――――――――――――――――――

【1】財布を盗んだ相手に自白させた、感情コミュニケーション

―――――――――――――――――――――――


■こんにちは。株式会社TEAM-IN(チームイン)

桐生宏樹です。


前回の続きです。


「あなたはどちら?感情派?理論派?コミュニケーションを理解する2つの視点」


前回の記事においてコミュニケーションは

「論理」と「感情」に切り分けが重要であり、

感情なきコミュニケーションは成り立たない。


人間には感情と理論、どちらかに傾く特徴があり

桐生の場合は「7:3」と自己診断。


感情派の人には、

感情に寄り添うコミュニケーションがとても重要ですし

論理派の人に論理を疎かにしてはすぐに穴を指摘されてしまう。



このようなお話をさせていただきました。



今回はその続き、感情コミュニケーションが

どのような効果をもつのか?

もっというと、どのぐらいの威力を持つものなのか?


2つの事例をご紹介いたします。




■そもそも、わたしが感情コミュニケーションの

重要性に気づいたきっかけは、10代、20代と大きく2つあります。


・10代の学生時代、財布を盗んだ人から自白を引き出したとき

・20代家電量販店時代に、クレーム対応をしたとき


この2つです。


まずは学生時代のころのお話をさせていただきます。


学生時代、友人がスクールバスにのっているとき

財布を盗まれたことがありました。


ちなみにそのスクールバスは席がいっぱいになると

立ち乗りでぎゅうぎゅうになるまで、学生をつめこみます。


立ち乗りでぎゅうぎゅうになっているバスの車内で

友人の財布が盗まれました。


長財布を後ろポケットにいれるという

盗んでくださいといっているような状況でした。


友人はすぐに財布がないことに気づき、

「財布がない!誰だ!」と、大きな声を出しました。


バスの中はざわつき、まわりも協力しますが見つかりません。



■後日、検証した結果、

友人の立ち位置、席の関係で、犯人と思われる人物(仮称:佐藤)

特定できました。


ですが、肝心の証拠がありませんでした。


そこで友人は自白を促すべく、

直接「オレの財布を盗んだだろ!席順からして盗めるの、オマエしかいないんだよ!」

と、佐藤につめよりました。


当然、相手は反発します。


「ふざけるな!いいがかりはよせ!」


感情的につめよっても

感情的に返されるだけで相手は認めませんでした。





■そこで、友人は、わたしと作戦会議をおこない


方法をかえることにしました。

後日、また犯人と思われる人のところにむかいます。


「なんだ、またかよ、しつこいぞ」


と佐藤から嫌味を言われますが

友人はこう切り出します。


「実は、オマエが盗った瞬間をみたヤツがいて、証言してくれた」



佐藤はすぐにきりかえします

「誰だ、そいつは」


「匿名を条件に教えてもらった。だからいえない」



友人の回答に佐藤はいいます


「いいかがりだ、本当にいい加減にしろ」



ここから、友人は前回とは違う形で切り込みます。


「あれは彼女からもらった財布で、本当に困っている」

頼む、なんとか認めてくれないか彼女も悲しんでいるし、自分も本当に困っている」


「・・・」


「ここで自白してくれて、返してくれれば、ここで終わりだ、警察や学校側にもいわない」


「いや、でも・・・」

佐藤は急に言葉に勢いをなくします



「たのむよ、自分はただ謝罪と財布が戻ればいい。それだけだ」



「あぁ、わかったよ。申し訳なかった、認める」


その言葉は、ポロっと佐藤からこぼれ落ちるような

小さな声でした。


そして、実際に財布は返却されました。


――――――――――――――――――――


席順(理屈)や怒りだけをぶつけても物事が進展しないとき、

相手の感情面に訴えるようにする。


この成功体験はとても大きかったです。


ちなみに、友人が見ていた。という証言は作り話です。

相手に自白させるためについた嘘だったのです。



■このエピソードは社内コミュニケーションの観点でも重要です。


財布を盗んだ、盗まれた。

このような話は少ないと思いますが、一つ言えるのは


理屈で話が進まない場合、

感情面での依頼は極めて有効である。ということです。


たとえば、「お願い」という言葉です。

これは感情コミュニケーションの代表です。






■これも実際にあった例です。


「あのソフト導入の件、まだ約束もしたわけじゃないし、

あの話はなかったことにしてほしい。金額高いと思うし」


と上司からのメールで一方的に通達を受けたエンジニアがいました。


こまったエンジニアは、上司に理屈で返してもまた理屈で返されると判断。


電話でこう切り返しました。


「はい、仰せの通りです。だからこそお願いなのですが・・・

実は現場メンバーはとても楽しみにしておりました。

こちらでももっと安いソフトがないか?探してみますので、

条件をまずは見て頂けませんでしょうか。なんとかお願いします」


と、上司に妥協案を提示しました。

結果、無事、ソフト導入が進んだ。という事例がありました。



■理屈をこねる人に理屈で返すのは得策とはいえません。

なぜなら、相手に警戒させ、さらなる理論武装をさせてしまうからです。


まさに「社内裁判」のような状況となり、自分がただしい、相手が間違っている

の水掛け論になってしまいます。


裁判ならそれでいいかもしれませんが、開発現場、ビジネスの現場で

そんなことをしていたら、時間がいくらあっても足りません。


理屈をこねる相手にこそ、

感情コミュニケーションを重要視していきましょう。


今日も社内コミュニケーションを大切にしていきましょう。


―――――――――――――――――――――――

【2】今日の記録

―――――――――――――――――――――――

本日は地元の友人たちとBBQ、そしてなんと明日も

中学校時代のサッカー部のメンバーとBBQ。



季節とはいえ、お盆休み中の1週間でBBQ4回目です。笑

こんなときこそ、胃腸薬とヘパリーゼの出番ですね。




―――――――――――――――――――――――

1on1ミーティングの代行による現場初の組織改革「らせん面談」

1on1ミーティング導入などでご興味があれば、ぜひ当社をご利用ください。

株式会社TEAM-IN(チームイン)https://www.team-in.net

―――――――――――――――――――――――

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示