見た目に無頓着なエンジニアが、評価される4つのポイント

更新日:9月19日



 社内コミュニケーション大全:2022/8/1

▶━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◀

▶【1】本日のタイトル

▶【2】今日の記録

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この記事は、エンジニアなどの予備知識がない人でも

職場での社内コミュニケーション、メールスキル、経済、政治、会計など、ビジネススキルにもっと気楽に触れてほしい。という想いで書いています。

ビジネス・アレルギーを払拭していただければ嬉しいです。

―――――――――――――――――――――――

【1】 見た目に無頓着なエンジニアが、評価される4つのポイント

―――――――――――――――――――――――


■こんにちは。株式会社TEAM-IN(チームイン)の桐生宏樹です。

以前、写真スタジオでプロフィール写真を撮ったことがあります。

恥ずかしかったです。


「キメ顔してよ」


なんて言われてもなかなか出来るものではなく、苦戦しました。

(鏡の前で練習したはずなのに。全然ダメでした。笑)




■そもそもなぜ写真撮影したのか?スマホの写真じゃダメなのか? と、思う人もいると思いますが わたしは講師やコンサルタント業を生業にしています。


仮に、あなたが社員を多く抱える会社の社長だとしましょう。 チャラチャラした格好した若僧に、社員の指導をお願いしたいと思いますか?

それよりは、スーツをきてビシッと見える人にお願いしたいのではないでしょうか。

ということで、改めて撮影したのです。

第一印象こそもっとも大事だからです。


また、多く一流のコンサルタントの先生をみて来ましたが、すべからく、 好印象をもつ人ばかり。


服装だけではなく、髪型、笑顔も爽やかです。



■今回のテーマは、「自分らしさ」 を表現した写真を撮りたいと思い、カメラマンにお願いをしました。


40枚程撮影してもらいました。

ですが、自分らしさなんて、正直、自分ではわかりません。(笑)

そこで、プロの方々、知人、妻、妹、と、 女性、男性目線からどの写真が自分らしいか?

選んでもらいました。





■すると不思議なことに、 自分の中では「コレだな」と思っていたものではなく、

「え?この写真?」と思う写真が選ばれました。



自分から見る自分。

と、

他人から見る自分。


では、見え方や、印象が違うようです。

(声と同じですね)


■ちなみに、

写真を撮った理由はもう1つあります。


昔あるメディア関係者に聞いた話ですが、

コンサルタントや講師などがテレビ局から声がかかる条件は、3つあるそうなのです。


1、プロフィールの内容。

2、本を出しているか

3、プロフィール写真


写真が最後の要素として重要視されているのです。 それほど写真が重要だということに気づいたからです。




■テレビに出るために撮影したわけではありませんが

リアルの自分だけではなく、「ネット上の見た目」

に気を使うことは、改めて重要だということがわかりました。


残念ながら、第一印象は見た目で判断されます。


特に、私のように教育に生きる者は、

「この人から教わりたい」と思われなければ、なかなか辛いところ。



■さて、

「桐生の写真撮影?どうでも良くない?結局いいたいことは何?」

と思う人もいると思いますので、最後にまとめさせていただきます。


今回お伝えしたかったことは2つです。


1,あなたが思っている以上に人は見た目で判断される

2,自分が見えている自分と、他人から見えている自分は違う






■このことを裏付ける経験をしたことがあります。 わたしは、エンジニアの派遣業を長くなりわいにしてきました。


エンジニアをお客様にご紹介するときに、エンジニアと一緒に工場に訪問し、 お客様と会う機会を作ります。


そこでは、見た目だけで契約に至らなかった。 というケースがいくつもありました。


髪はボサボサ。スーツはよれよれ、靴はボロボロ。マスクも黄ばんでいる。 こういう人はほぼ例外なく契約に至りません。

まわりからみれば「清潔感がない」の一言ですが 当の本人にとってはこれが普通のようなのです。


これでは、いくら最高のスキルをもっていても 評価される前に終わってしまいます。




■逆にいうと、見た目に気をつけていれば 次のステップにすすめるのです。


つまり、会社にどう貢献してくれるのか? 職場で活躍できるのか? というステップです。


見た目がクリアされないとこのステップはありません。


まわりに無頓着なエンジニアにとって、「見た目」は、 ゲームに参加するための最低限の資格といっていいでしょう。


特別難しいことではありません。


髪を切る。 スーツはクローゼットにかける。クリーニングに出す。 靴はボロボロになったら、新しいものを買う。 マスクは毎日使い捨てにする。


この点を意識すれば、ゲームの参加資格が得られます。 見た目からコミュニケーションはスタートしています。 ぜひ、見た目を変えていきましょう。

―――――――――――――――――――――――

【2】今日の記録

―――――――――――――――――――――――


これから、夏休みで暇そうにしている子どもたちを公園につれていきます。

月曜日の午前中は仕事に集中できる貴重な時間。そんなことしていていいのか?

と思われるかもしれませんが、昼間になると暑すぎて遊べません。笑

また、公園にいって時間を過ごすのもリフレッシュになります。

何も考えない時間も大事ですね



―――――――――――――――――――――――

1on1ミーティングの代行による現場初の組織改革「らせん面談」

1on1ミーティング導入などでご興味があれば、ぜひ当社をご利用ください。

株式会社TEAM-IN(チームイン)https://www.team-in.net

―――――――――――――――――――――――



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示