理解できない人へのストレス緩和法

更新日:9月29日






■こんにちは。チームインの桐生宏樹です。

最近、ある上場企業の若手営業マン向けの研修を担当しました。


実は以前、1度だけ、

研修をさせて頂き、テキストも作らせていただいたのですが、 出来栄えが私の中では納得いくものではなく、 再度、1からテキストの設計をすることになりました。


結果、その方も、私も驚くほど、 心から納得できる、素晴らしいテキストが設計できました。


一度目とは、各段に出来が違います。


なぜそのようなことができたのか? 考えてみると、


相手企業のサービスをあえて、 「受けたこと」にあるのかもしれません。



■今回は、「研修を通じて、若手の良いところを「引き出す」

これが私の仕事でした。


良いところを引き出す。ということは当たり前ですが、 その人を深く知る必要があります。


そのために、

90分も貴重なお時間を頂戴し、 面談、もしくはZOOMや電話などで面談を行こないます。


決してメールだけでは済ませないようにしています。



■今回の企業研修での打ち合わせも、 もちろん、事前にお会いして、ZOOMで詳細を詰めました。

ところが、なかなか想いを多すぎて、あれもこれもとなってしまいます。


金額の多寡に限らず、満足できないものを提供したくなかったので、

なんとか「その人の武器」を探すべく、 その企業サービスをうけてみました。


すると、面談だけでは決して引き出せない、

その人のサービスの「質」や、市場に堂々と売り出せる「武器」 に、気付くことができました。

武器に気付くことができれば、 その人を市場に紹介することは、 さほど難しいことではありません。



■この経験でわかったことがあります。


もしかしたら、お客様を深く知るには、 90分の面談だけでは足りないのかもしれません。


これからは、機会があれば積極的に

お客様のサービスを「直接」に体験し、 武器を引出し、テキスト作


成に活かしたいと思います。


ZOOMがダメなら、面談。 面談でもダメなら、サービスを買う。


人は基本、自分を隠します。 研修会社は、どこまで顧客に迫れるか。

ここが重要なのではないかと思います。






■相手を理解する。

当たり前ですが、これは社内コミュニケーションにおいて とても重要なことです。 というより、最も重要なことかもしれません。


なぜなら、多くの人間関係のトラブルは、 相手への理解不足からくるものだからです。


相手への理解があり、はじめて人は寛容になれるのです。



■もし、あなたが誰かとぶつかることが多いのでれば、 まずやるべきことは、相手を避けることでも、相手を批判することでもなく、

まずは相手を理解することです。



共感する必要はありません。なぜ相手はこのように考えるのか? 理解をすることです。



理解することで、何を考えているかわからない相手へのストレスが その瞬間から軽減することができます。


今日も社内コミュニケーションを大切に!



―――――――――――――――――――――――

今日の記録

―――――――――――――――――――――――

本日は終日研修資料の作成、2件ほど打ち合わせを行いました。

自分の思い通りにいかないことが、いくつもありますが、それにいちいち動揺していたら経営者は務まらない。最近は自分もアンガーマネジメントがうまくなったなと、思います。


―――――――――――――――――――――――

1on1ミーティングの代行による現場初の組織改革「らせん面談」

1on1ミーティング導入などでご興味があれば、ぜひ当社をご利用ください。

株式会社TEAM-IN(チームイン)https://www.team-in.net

―――――――――――――――――――――――


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示