ダメなお礼と良いお礼

更新日:9月19日





 社内コミュニケーション大全:2022/8/4

▶━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◀

▶【1】本日のタイトル

▶【2】今日の記録

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この記事は、エンジニアなどの予備知識がない人でも

職場での社内コミュニケーション、メールスキル、経済、政治、会計など、ビジネススキルにもっと気楽に触れてほしい。という想いで書いています。

ビジネス・アレルギーを払拭していただければ嬉しいです。

―――――――――――――――――――――――

【1】 ダメなお礼と良いお礼

―――――――――――――――――――――――


■こんにちは。株式会社TEAM-IN(チームイン)の桐生宏樹です。

前回までの「アナログマーケティング」の続きとなりますが、 今回は知り合ったあとのアフターフォローに ついてお話をさせて頂きたいと思います。


いろいろなイベントに参加して、名刺交換をしたとします。

ここではい、終了。

では、ただの名刺交換で終わってしまいます。


もちろん、全く意味がないわけではありませんが、 これで終わらせては、営業マン失格です。

仮にあなたが営業マンじゃなくても実にもったいないのです。

せっかくの時間とお金をかけるのであれば、 意味のあるご縁として繋げたいもの。


したがって、勝負は名刺交換後にあります。




■多くの交流会に参加して、 わたしが弾き出した、ある確率をお伝えしますと、

名刺交換後に、御礼などのメールを出す人の割合は、だいたい5%です。


つまり、20人と名刺交換をすると1人、

よくても2人から、御礼のメールが届きます。


(たまに勝手にメルマガに登録され、よくわからないメールがバンバン届くこともあります。笑)





■つまり、ほとんどの人が、御礼を出す。 と言う行為をおこなっておりません。


だからこそ、御礼をだすだけで、 残りの95%の人とは別の印象を残すことができるのです。


しかもお金などかかりません。

ネット代だけ。

人より良い印象を残す方法は簡単。 人がやらないことをする。

つまり、心がこもった御礼を出す。 ということです。

■さて、ここで、注意点があります。

御礼の出し方によっては、逆に印象を悪くすることがありますので、

必ず以下の点を抑えることを、オススメします。



▼全員に一斉送信はしない。

▼面倒だからと、コピペの使い回しはしない。



(悪い例) 桐生さんこんにちは。 昨日はどうもありがとうございました。 今後ともよろしくお願い申し上げます。




って、こんなメールを頂いても 誰も嬉しくありませんよ。



手抜きされていると思われます。 (実際手抜きですし)


御礼すらまともにできない人。 手抜きをする人。

と、逆に相手に悪い印象を与えてしまいます。


じゃあどうすればいいの? ■御礼を出すときの文面作成ポイントは  3つの、流れを抑えることです。


▼1ホームページ、SNSを使い、  相手を調べてから、文面をつくる。


▼2相手の素晴らしいポイントを  把握して、文書に組み込む。


▼3追伸として、モニターの協力依頼という形で 自分自社のフロントエンド製品を参考情報でのせる。


(サンプルや、お試しと表現すると売り込まれている感じが出るので、 あくまでもモニター協力として案内をだしておくことがポイントです)


すると、タイミングがあい、 本当にサービスを必要としている人から、受注が入ります。


私はこの「御礼」でだいたい、 20人の方に御礼メールをすると、確実に1件、受注できます。






■1から3を徹底すると、1人に御礼を出すだけでも、 5分10分がかかります。


(は?ここまでしないとダメなの?)


と思われている方がおりましたら 逆にお聞きしたい。


むしろ5分10分を×20人(100分~200分)で受注できたら むしろ安いと思いませんでしょうか?


しかも売り込んでいない分、 本当にいらないサービスなら無視されます。


ということは、受注頂ける場合、 貢献できるチャンスを頂けるということになります。


■幸か不幸か、95%の人は、名刺交換後、御礼を出しません。

仮に、御礼を出す人がいても、 マーケティング要素を組み込んでいません。

だから、やった人が得をするのです。

御礼と、ほんのちょっと、製品を案内するだけで、

その製品で誰かを救えるのだとすれば、 こんなに有意義なこともなかなかないのでは?



とキレイごと抜きでそう思っています。



起業家は世の中に貢献することで 評価されるのですから。



■今回は社内コミュニケーションの話ではありませんが、 社外においても、社内においても重要なのことは1つ。

手間をおしまない。それが結果として近道になります。

―――――――――――――――――――――――

【2】今日の記録

―――――――――――――――――――――――


わたしは楽天のサービスをいくつか利用しています。

楽天証券、楽天銀行と、楽天にはお世話になっていましたが

楽天モバイルだけは、困りました。


1週間前から、今まで自宅でつながっていたものが、急につながらくなったのです。

「なぜ今までつながっていたものがつながらくなったのか?

問い合わせしても「6ヶ月間まってほしい」とのこと。


2回目の問い合わせをしても、質問に対して回答が得られず。

かわりにきたのは、既にムリだと判明している改善案です。


これはまともに向き合ってもらえないと判断し、

別な携帯会社にのりかえることにしました。


わたしは、「今までつながっていたものが急につながらくなった理由」を聞きたかったのですが、2回も同じ内容を聞いても回答がなく、

わからないのなら、『調べても原因がわかりません』ぐらいの回答はしてほしかったです。



かわりにきたのは、「以上をもちまして本お問合せに関する回答とさせていただきます」

という機械的な回答。


感情がないやりとりは実に残念です。反面教師にさせていただきます。




―――――――――――――――――――――――

1on1ミーティングの代行による現場初の組織改革「らせん面談」

1on1ミーティング導入などでご興味があれば、ぜひ当社をご利用ください。

株式会社TEAM-IN(チームイン)https://www.team-in.net

―――――――――――――――――――――――



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示