• 講師

【TEAM-IN・チームイン】やらない人は、テレワークでも、出勤してやらない?

更新日:3月5日





■ビジネスマンの皆さん。こんにちは。

TEAM-IN(チームイン)です。




■以前、ある地方紙で、「会社でテレワークが終了してしまいました。。。」

と題する記事を読みました。


記事の投稿者によると、、「業績悪化が終了の原因」のようです。

「このような施策をとる意味がよくわからない。」

「なぜかテレワークより、オフィス勤務がベスト。となっている。」

「テレワークが業績悪化の原因ではないと思う。」とのこと。



■なるほど、たしかにこの時期にテレワークがなくなるのは、

思うところありますよね。


これは自分の勝手な見解となりますが、

やらない人はテレワークしようがオフィスにいようが、

やらない。と思っています。


だから出社させて「管理する」という考え方自体に

なかなか限界あるんじゃないかなと思うわけであります。



■例をだしましょう。コロナ前から、業績が良い営業マンと、悪い営業マン。

コロナ拡大で、数字がどのように推移していたか?私は調査していたことがあります。


結果は、「ますます差が開いた。」です。


これは少ないデータでの傾向なので、

他の会社でどうこう結論を出すものではないのです。


ですが、わたしはこの結果を見て、私はある仮説を持つに至りました。


それは、業績や結果が重視される「営業」「セールス」において、

世間いっぱんに言う「管理」はあまり意味がないのではないか?

ということです。


管理されようが、されまいが、やる人はやるし、やらない人はやらない。


なぜなら、出勤することがビジネスマンの本質ではないからです。

成果を出し続けることが、ビジネスマンの本質だと思うのです。


そして、最終的には結果だけで成果がはかられますので、

最終的には、見返りや報いを自分の行動によってうけることになります。

(特に最近、その傾向が強くなりました)




■会社の方向性や、進むべき方向が明確になると、

ある一定数の離脱者が出てきます。


今回の事例でも、テレワークをやめたタイミングで

複数人退職者が出たとのこと。


テレワークの良し悪しはおいておき、

会社にとっても辞めた人たちにとっても、

決して悪いことではないと思うのです。


なぜなら、文化が違うところにいることほど、会社、社員。

両者にとって、これほど辛く、不毛なことはないからです。






0回の閲覧0件のコメント