なぜ、人を変えることはできないのか?

更新日:9月19日





 社内コミュニケーション大全:2022/9/2

▶━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◀

▶【1】本日のタイトル

▶【2】今日の記録

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この記事は、エンジニアなどの予備知識がない人でも

職場での社内コミュニケーション、メールスキル、経済、政治、会計など、ビジネススキルにもっと気楽に触れてほしい。という想いで書いています。

ビジネス・アレルギーを払拭していただければ嬉しいです。


―――――――――――――――――――――――

【1】なぜ、人を変えることはできないのか?

マネジャーを苦しめる8つの誤解 その2 

―――――――――――――――――――――――



■こんにちは。「らせん面談」の 株式会社TEAM-IN(チームイン)桐生宏樹です。


みなさんは喧嘩をしたことがありますか?


口喧嘩でも、殴り合いの喧嘩でも、子供のころから数えて 喧嘩したことがない。


という人は少数派だと思います。


親、友達、会社の同僚、路上の不良(笑)

人は、大きくなるまでに様々なシーンでぶつかります。



■それでは、わたしたちが喧嘩をするとき、どんな原因が考えられるでしょうか。


もちろん、ケースバイケースですが、

個人でも国レベルでも、人がぶつかるときには1つの共通点があります。



それは、自分の理屈を通そうとし、相手を変えようとしたときです。

国レベルだとロシアはEU側になびくゼレンスキー政権に圧力をかけ、 戦争を引き起こしました。



太平洋戦争の際も、石油などの禁輸措置などの圧力をかけられた 日本はアメリカに憎悪をいだき、戦争に突入しました。



※余談ですが、「圧力」は、相手に変更をもとめるときに使われます。 なぜなら、もっとも簡単で手っ取り早い方法だからです。

子供のしつけのために「ゲーム禁止」をすることも、1つの圧力の形です。





■話を戻しましょう。 国レベルではなくても、自分が喧嘩したときを想像してください。

自分、もしくは相手がゆずらなかったので、喧嘩に発展したケースは 多いのではないでしょうか。



これも、相手がかわることを望み、 相手がそれに応じなかったから起きる現象なのです。

なぜ喧嘩になるのかというと、基本的に人は人に変えることができからです。


直接変えることができないモノを変えようとしたとき、 思い通りにならずに人はイライラします。






■仮にですが、スマホと喧嘩する人、見たことありますか?

家電製品と喧嘩する人、見たことありますか?


見たことがないし、今後も一生見ることはありません。


なぜならば、人間がつくった道具はあなたの思い通りに動くからです。 だから喧嘩にまで発展しないのです。


仮に、怒ってなぐりつけることがあるとすれば、 それは、あなたの思い通りに動かないときではないでしょうか?


それでも、相手は反撃しないので、喧嘩にまでは発展しません。




■いっぽう、人はどうでしょう? 自分の考えをもっています。 カツ丼が好きな人に天丼を好きになれといっても、すぐには難しいですよね。


コップに水を注ぎ、飲ませようと思っても、最後にそれを飲むかどうかは、 相手の意思によります。


無理やり鎖でしばって操作することはできません。



つまり、直接的に操作できないもの。

もし、相手が変わったのであれば、それはその人の意思で変わったのです。 わたしたちにはそのきっかけを与えることしかできないのです。




■それで、結局なにがいいたいのですか?

というと、社会では、相手が変わらないことで 悩むマネジャーや、イライラするリーダーが実に多いということです。

ですが、ここまで読んでおわかり頂いたと思いますが、

そもそもその発想自体、間違っているのです。 不可能なものに固執し、イライラする。

これはなぜ空は赤ではなく、青いのだ! といって、イライラしていることと同じこと。


いってしまえば、人間も自然物ですので

自然のものに、なぜだ!とイライラしても そういう風にできているのだからと受け入れるしかないのです。





■では、マネジャーやリーダーは、無力なのか? というと、そうではありません。



相手が変わるかどうかは相手の意思によりますが その意思決定する「きっかけ」を与えることはできるのです。


きっかけといっても難しい話ではありません。 たとえば、子供には水を飲んでほしければ、この水を飲んだほうが、 風邪が早く治るよ。と、情報(きっかけ)を与えるだけでいいのです。 相手を変えることではなく、 このきっかけを与え続けることが、マネジャーやリーダーの仕事だと 私は思うのです。


「きっかけ提供力」こそ、マネジャーの質を左右するものなのです。


■多くのマネジャーやリーダーは自分の部下が変わらないことに怒り、 失望し、ときには自分を責めてしまいます。


ですが、こう考えてほしいのです。


「そもそも、変わらないこと当たり前であって、自分ができることは、 相手が動きたくなるような情報を伝えるだけだ」


と、考えることで、本来、負うべきではない責任を負わずにすみます。



リーダーやマネジャーは「きっかけ」を与え続けることだけ

そして、「良質なきっかけ与える努力」を続けるだけ。


ぜひ、苦悩する方々に知ってほしいことです。




――――――――――――――――――――――

【2】今日の記録

―――――――――――――――――――――――

今日は、映画ONE PIECE FILM REDを見てきます。

ONE PIECE(ワンピース)の映画を映画館で見るのははじめてですが

なにやら大人気のようですので、今からワクワクしています。


明日は教え子たちのサッカーの試合もあり、慌ただしい週末になりそうです。

みなさんも、良い週末をお過ごしください!


―――――――――――――――――――――――

1on1ミーティングの代行による現場初の組織改革「らせん面談」

1on1ミーティング導入などでご興味があれば、ぜひ当社をご利用ください。

株式会社TEAM-IN(チームイン)https://www.team-in.net

―――――――――――――――――――――――



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示