いうことを聞かない。これは誰の責任?

更新日:9月19日





 社内コミュニケーション大全:2022/9/2

▶━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◀

▶【1】本日のタイトル

▶【2】今日の記録

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この記事は、エンジニアなどの予備知識がない人でも

職場での社内コミュニケーション、メールスキル、経済、政治、会計など、ビジネススキルにもっと気楽に触れてほしい。という想いで書いています。

ビジネス・アレルギーを払拭していただければ嬉しいです。


―――――――――――――――――――――――

【1】いうことを聞かない。これは誰の責任?

マネジャーを苦しめる8つの誤解 その1 

―――――――――――――――――――――――



■こんにちは。「らせん面談」の 株式会社TEAM-IN(チームイン)桐生宏樹です。


「部下の責任は上司の責任」

こんな言葉を聞いたことがないでしょうか?


一見、上司やリーダーとして潔い姿だと思いますが、

わたしは違和感を覚えるのです。


なぜなら、部下には全く責任がないでしょうか?

そんなことないと思うからです。


社会人になって、お金をもらっている立場なのです。

わたしは新人だから、責任がないんだ!

なんて言っている新人がいれば、

わたしは飛び蹴りもんだと思います。



■では、上司の責任にないのか?

というと、そうでもないと思います。

やはり指示の仕方にもよって部下が動く、動かないも判断されるからです。


いったいどっちなんだ!

と、突っ込まれるかもしれませんがこの良くあるある事象を、分解してご説明します。



■いうことを聞かないということは、

指示しているにもかかわらず、 部下が指示をきかないということです。


指示をきかないことに関しては、 「部下の責任」であることは前述の通りです。


ですが、指示をきかないことに関して、 上司は自分が悪い、マネジャー失格だ。 などと思う必要はありません。 上司の責任ではないからです。



■なぜならば部下の責任だからです。

では、上司はどうなると責任を負う必要があるのか?


それは、その状況を放置した場合です。

そのとき、はじめて上司は責任を負うことになります。



■つまり、こういうことです、放置さえしなければ 上司は自分に対する余計な負い目を感じる必要はないのです。


やれることをやるマネジャーに対して責任を追求する必要があるのでしょうか?

「必死にどうすべきか?」考えているマネジャーに結果だけをみて 追求するのは間違いなく、間違った打ち手です。


そんなことをすれば、自分の頭で考えるマネジャーがいなくなってしまいます。






■もちろん、 指示を聞いてもらうための、指導方法や伝え方のセオリーはいくつもあります。


ですが、その手法が通用するかは 「やってみなければ、わからない」のが本当のところです。


そのため、前提としてこの考え方を、 多くの教育者やマネジャーに知ってほしいと思います。


余計なストレスや、負い目を感じてほしくないのです。


■繰り返します。 言うことを聞かないのは部下の責任です。

そして、その状況を放置しない限り、 上司は上司としてやることをやっているということです。


責任をなすりつける必要もないし、自分が責任を負うこともありません。

責任感のある真面目なマネジャーこそ

陥りやすいことですので、ぜひこの誤解を解いてほしいと思います。


――――――――――――――――――――――

【2】今日の記録

―――――――――――――――――――――――

今日は打ち合わせが2件、自分の悪いところにも気づくことができ、

すごく密度の高い日を過ごすことができました。


昔は欠点を指摘されると感情が先走っていた、情けない自分でしたが、

36にもなると、冷静に自分を見つめて受け入れることができます。


そのことも含めて、自分の成長に、気づいた1日でした。

みなさまも良い週末をお過ごしください。


―――――――――――――――――――――――

1on1ミーティングの代行による現場初の組織改革「らせん面談」

1on1ミーティング導入などでご興味があれば、ぜひ当社をご利用ください。

株式会社TEAM-IN(チームイン)https://www.team-in.net

―――――――――――――――――――――――


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示