• 講師

【TEAM-IN・チームイン】好きではない業界に入ってしまった人へ



■こんにちは。 TEAM-IN(チームイン)です。


■若い人の中には、今の仕事をなぜしているのか?

明確に答えられない人が大勢います。


とりあえず、入ったけど、好きかどうかもわからない業界にいる。

という人はとても多いのではないでしょうか。


そんな人にお伝えしたいことがあります。



「日常を過ごすということ。」


これはとても尊いことだと。ということです。



比べるのはあまり良くないのはわかっていますが、 例えば、日本では毎年自殺者が2万人をこえるようです。

ということは日本人の生きているだけですごく尊いこと。

こうやって毎日出勤して仕事ができるのは平和があるから。



■シリアのような紛争地は、そもそも仕事すらまともにできず、

経済もますます困窮しています。自分の体の内臓などを売って生活費や、 病気の治療にあてている臓器売買などもおこなわれています。



日本はなぜここまで平和かというと、

(現時点で)世界最強のアメリカ軍が駐留していること。 そして日本もそれなりに軍備があること。


他国は攻めることができません。


平和な日本にいると気づかないものですが、

世界では紛争や小規模の戦争が繰り返されています。


いっぽう、日本には絶対的な強者がいますので、戦争はおきません。

法律以上に、圧倒的な軍事力によって日本の平和は保たれています。

(今後はわかりませんが)


だからアメリカ軍を撤退させようなどとデモを している人たちというのは歴史を知らない人たちです。


今の日本人のように、普通の日常を過ごすことが以下に尊いことか、

噛み締めてほしいと思います。


■それでは、好きではない業界に入ってしまった人へ

たとえば、トヨタや、ホンダが自動運転で大きな遅れをとっていますが、

これは自動車好きばかりが集まったからだというのが1つの原因と言われています。

(他にもたくさんありますが)


ようするに「車を運転するのが好き」な人ばかり集まれば、

自動運転という選択肢は会社から出ない。


むしろ、車好きではなく、冷徹にどういうものが市場で受けるのか、

判断できる人はそれはそれで価値がある。

ということが言えるのではないでしょうか。


今の業界が好きではないということが実はアドバンテージになることもあるかもしれません。


それでも、希望を見いだせないのなら、やはりその会社や業界から出てしまうのも手でしょう。


自分にあまりにもあわない場に身を置き続け、

ストレスまみれになることほどの不幸はないと思うのです。

0回の閲覧0件のコメント