top of page
  • 講師

全て揃っている人vs揃えていく人。幸福なのは?

更新日:2022年7月24日





■こんにちは。TEAM-IN(チームイン)の桐生宏樹です。




■以前、メンタル疲れの方へということで、


― 難が「無い」人生は「無難な人生」

難が「有る」人生は「有難い人生」 ―


筆談ホステスとして知られる「斉藤りえさん」の言葉を

ご紹介しました。




■この言葉は、困難な試練を乗り越えた先に

本当の喜びがある。


だから、困難や試練がきたときは、


「うわ、、、嫌だな」


ではなく、


「おもしろい。骨の有りそうな敵がきたな」


ぐらいに考えると、

人生がゲームのように楽しくなってくる。


自分はそう考えているのです。




■どうせ生きるのです。

だったら、楽しく生きたい。


「人生良かった」


「このゲーム最高だった」


「やりきった」


死ぬときにこのセリフを心の底から吐ける人間になりたい。


こんな風になることが、一番の幸せなのではないか?

自分はそのように思うのです。





■こんな前提にたつと、1つ感じることが有るのです。



「だからこそ人間は、何もない状態で生まれてくるのでは?」



人生に意味を持つかどうか。これは人の勝手です。

ですが、自分は人生に意味をもちたい。人間です。



そう考えると、何もない状態からスタートするから楽しい。


と思えるようになりました。


たとえば、なんでもいいのですが。


生まれて何もかも備えていたらどうでしょうか。


(Aさん)

生まれながら石油王。身の回りはすべて世話をしてくれる人がいる。

平和で問題のない社会で、油のように、金だけが自動的に産出され、

自分の懐に流れ込む人生。



(Bさん)

何もない貧乏な状態から、努力して自分が成長。

成長した結果、社会で認められるようになり、収入もあがる。

収入は上がり続けて、自分が満足する仕事についた。


時間ができて、趣味。ボランティア。やりたいこと。

これらに没頭できるようになる。




■断言してもいいのですが、AさんとBさんを比較すると、

Bさんの方が幸福度は高いでしょう。


なぜなら、何もない状態を知っているからです。


最初からすべて揃っていると、有り難みがない。

何もない状態を知っているからこそ、「有る状態」に感謝できるのです。


まさに「有り難い」ですね。








■そして、何よりも決定的な理由。


それは、人というのは


「最初から全て揃っていることではなく、

徐々に揃っていく「過程」にこそ、喜びを感じる生き物である。


と、思うからです。




■キティちゃんのコレクターが一番喜びを感じる瞬間はいつか?



それは、「コレクションが増えた瞬間」ではないでしょうか。


少ないコレクションがすこしずつ増えていく過程。

次は何を手に入れようか?と考えている時間もふくめて、

ない状態から、有る状態へ変化していく。



ここにこそ、喜びを感じる。そう思っているのです。




■したがって、人は、何もない状態から何かを得ると幸せを感じるのです。


ただ、わたしは、ものよりも、人間関係が拡大したときこそ、人はもっとも幸福を感じるものではないかと考えています。



極端な話、ハワイの大豪邸にたったひとりで住んでいて、楽しいのか?

という世界です。


誰かと話をして、誰かと喜びをわかちあい、誰かと一緒に笑う。


これもまた、コミュニケーションがもたらす幸福なのではないか。

そのように思うのです。










閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page