• 講師

【TEAM-IN・チームイン】やりたいことが見つからない?当たり前です。


■こんにちは。TEAM-IN(チームイン)です。




■若手の方から多くの相談をいただきますが


特に多い悩みというのがこれ。


「やりたいことが見つからない」


自分はこれを「やりたいことが見つからない難民」と呼んでいます。


今回は、そんなやりたいことが見つからないあなたへ、


このメッセージを届けます。





■若いヒトの「やりたいこと」に関しては4パターンあります。


※これは完全に自分の主観でもあるのですが。大きく外していないと思っています。


・1:最初からガチッと持っているヒト(5%)

・2:やりたいことを真剣に探しているヒト(20%)

・3:やりたいことあるかもしれないけど、諦めているヒト(60%)

・4:そもそも気づいていない、興味ないヒト(15%)


この中で多くは、2,3なっています。


やりたいことが「見つかりません」「わかりません」という

この言葉をたくさん聞いてきました。



■今回は、皆さんが「2」の人だと思ってお話をすると、



まずは、1年とか2年で見つかる。


とは思わないでほしい。

(見つかったら凄くラッキーです)


これかな?

あれかな?


って、自分もとにかく色々と動きました。

そして失敗しました。




ときには、一夜で40万円ふっとんだこともあります。

流石に自分にがっくりきました。(思い出したくもない)






■その経験からいうと、

結局は、自分の能力を発揮できて、自分が楽しい。

と思うことは、


「相手の役に立てているかどうか。」

ということに気づきました。


相手の役にたてないと、お金もらえませんからね。


となると、やはりやってみないとわからない。

経験やスキルがないとダメなんだな。ってことなんですね。




■好きなことで、食えるヒト。

それは、やはりその道の第一分野で、結果を残せるヒト。


つまり能力開発するしかない。


近道はないんですね。


だから目の前の業務に集中しました。

とにかく、能力低くても、やれることをしました。


「苦しくてもう職場にいきたくない!」

って思って1日、2日、会社を休んでも、なんとか行きました。


「ヒトとぶつかって、気まずいけど、でも言うべきことは言ってやる!」

って、奮い立たせて自分を鼓舞して出勤したこともあります。





■そして、5年目ぐらいですかね。


そして自分はどこにでもいける!

と自信がついたのは。


ではそのとき、やめたのか?と言われたらNOです。



高額昇給もあったのですが、

なにより会社が楽しくなったのです。


全国表彰されたことも3回ありました。

その経験から、やりたいことが見つからないときは、


「常に探し続ける。」&「目の前の業務に集中する」&「自己投資を続ける」



※自己投資とは、読書やセミナー、人脈構築など。

遠くない未来に、必ず自分の納得できる道が見えてきます。






■だから、若い人への相談者には、


転職しようかな?って程度のノリであれば、

3年。ベストは5年。目の前の業務に死にものぐるいでやってみてください。


というアドバイスをしています。

(※ブラック企業や、メンタル不調になって出社できなくなる場合は別。)



スキルや経験が蓄積されると、そこではじめて自分の強みや、

ヒトに貢献できるラインが定まるからです。



■偉そうにいっていますが、

自分も「やりたいこと探し」の難民でした。


自分の存在意義はなんなのだ?

自分の天職はどこにあるのか?

自分はこんなところにいていいのか?


とにかく焦燥感だけが独り歩き。




■だからこそ、皆さんに伝えたいこと。


焦ってしまっても、そんな自分を受け入れてほしいこと。


今動くのか?

後で動くのか?

または他のも選択肢があるか?


いずれにしても、行動ですので、

皆さんがベストだと思う行動をしよう。


皆さんは最初から、最後まで、人生を選択しています。


この記事を読むような「やる気」のある人は

どうせ、「道」を見つける人です。



どうせ、成功するのなら、今の苦労も楽しんでほしい。









1回の閲覧0件のコメント