「できるあの人」と比べてはいけない理由

更新日:9月19日



 社内コミュニケーション大全:2022/9/6

▶━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◀

▶【1】本日のタイトル

▶【2】今日の記録

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この記事は、エンジニアなどの予備知識がない人でも

職場での社内コミュニケーション、メールスキル、経済、政治、会計など、ビジネススキルにもっと気楽に触れてほしい。という想いで書いています。

ビジネス・アレルギーを払拭していただければ嬉しいです。


―――――――――――――――――――――――

【1】「できるあの人」と比べてはいけない理由

マネジャーを苦しめる8つの誤解 その3 

―――――――――――――――――――――――



■こんにちは。「らせん面談」の 株式会社TEAM-IN(チームイン)桐生宏樹です。


お恥ずかしながら、わたしはもともと、劣等感の塊のような人間でした。 いつから?と言われると小学生のころからです。 みんな、授業を聞いて一生懸命に勉強しているのに、自分だけ理解できない。

好きで唯一の自分の希望でもあったサッカーもスタメン落ち。


誰かと競争するとことごとく負けてしまい、 勝手に落ち込む自分がいました。




■今思うと「偏差値やサッカーぐらいで悩んでいたのか」

と、笑ってしまいます。


そんな状態で大人になったのですから

いい大人になるわけがありません。笑


3年間で2回転職し、どちらも喧嘩してやめています。


常に比べられ、そして劣等感を覚え、ふてくされる。

まさに社会不適合者だったわけです。



■結局何がいいたいのか?というと 「他人と比べてばかりだと、結構つらいですよ」

ということを言いたかったのです。


この社会は基本的に相対評価でなりたっています。


つまり、あなたが優秀でも、更に優秀な人がいれば そちらの方が優遇されて評価されるのです。


嫌でも比べられるし、 比べられることから逃れることはできないのかもしれません。







■もちろん、比べるのは悪いことばかりではありません。

それが起爆剤となり、向上心につながることもあります。



人は生きているからこそ、比べるものであり 比べることは生きる証ともいえます。



今回わたしがいいたいのは、

「比べた結果、劣等感を覚えるのなら目線を変えませんか?」


ということなのです。





■目線を変えるとはどういうことか?

1:他人とではなく、昨日の自分と比較する

2:他人と比較するが、ライバルと位置づける



1に関しては、王貞治さんの有名な言葉にもありますが

"敵と戦う時間は短い。自分との戦いこそが明暗を分ける。"


まさにこれです。敵ではなく、自分と付き合う時間の方が長いわけで 自分を超える対象にしてしまえば、嫉妬はおきません。 とはいえ、それでも他人が気になってしまう人はいると思います。




■そのような人には、2のライバルにしてしまう。をおすすめします。

たとえば、マネジャー職の人が、後輩だった人に追い抜かれ

部長に昇格し、あなたと立場が逆転したとします。


そんなとき、ダメなマネジャーはこう思います。

「くそ、なんであんなヤツが、ダメなところばかりじゃないか!」


いっぽう、ライバルとして見えるマネジャーはこう思います。

「あいつでなれるのなら、自分にもチャンスがあるな」


前者はストレスを生み、後者はやる気を生み出します。


同じ現象に対し、考え方を変えるだけで 見える世界がかわりますし、その後、どちらが可能性があるか考えれば 言う必要はないでしょう。


他人と比較し、自分をおいつめてしまう傾向がある人ほど 覚えていただければ嬉しいです。



――――――――――――――――――――――

【2】今日の記録

―――――――――――――――――――――――

先日、映画ONE PIECE FILM REDを見てきました。


ミュージカルの要素が加わっており、

新しい映画の形が見えたような気がします。(人気の理由がわかりました)


ネタバレになりますが、

ゴードン(映画の主要キャラ)がUTA(ウタ)にいったセリフには泣けました。


UTA(ウタ)がトットムジカ(魔王)を召喚した際、


「世界をよくするためのウタなのに、こんなことのためにあるウタじゃない」

(記憶ベースなので正確ではありません。ニュアンスだけ)



なぜ泣けたかというと、自分(桐生)も想いをもって起業し、

世の中を良くしたいからビジネスをしています。


お金のためでもありますが、

お金のためだけでやっているわけではありません。


もちろん、うまくいかないときもあります。

ですが、本当は顧客に喜んでほしいし笑顔になってほしい。


ありがとう、TEAM-IN(チームイン)に頼んで良かったよ。

といってほしい。


そのためにも、やはり精進しなくてはいけない。

初心に立ち返らせてくれる、そんな映画でした。




―――――――――――――――――――――――

1on1ミーティングの代行による現場初の組織改革「らせん面談」

1on1ミーティング導入などでご興味があれば、ぜひ当社をご利用ください。

株式会社TEAM-IN(チームイン)https://www.team-in.net

―――――――――――――――――――――――



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示