​ある大手メーカーでの出来事

日本を代表する、大手メーカーでの話です。​優秀な若手エンジニアが在籍していました。

その若手エンジニアは優秀ゆえに、期待され、他部署に異動となりました。

毎晩、遅くまで残業もこなし。上司からの厳しい指導にも

「はい、がんばります!アドバイスありがとうございます!」と、元気の良い返事をします。

上司も若手エンジニアには期待をしていました。

そして、その日は突然きました。

若手エンジニアが「無断欠勤」したのです。

心配した上司は電話しましたが、若手エンジニアは電話に出ません。

かわりに一通のメールが会社に届きます。

「会社携帯がなるだけ体が震えてしまいます。すいませんが、

メールでやり取りさせてください。ご迷惑をおかけして申し訳ございません」

症状は「うつ病」でした。

このことは、会社でも問題になり、その上司は弁明しました。

「そんなつもりはなかった。彼には期待していた。彼のために必要な指導だと思っていた」

 

結局、その若手エンジニアは会社を去り、2ヶ月間社会復帰ができませんでした。

上司も潰す気は毛頭なかった。

若手エンジニアも期待に応えたい一心で頑張ったのです。

この事例は、「正しいコミュニケーション」を知っていれば

本来ならば防ぐことができたはずなのです。

わたしたちが担うミッションは、まさにここあると思うのです。

​こんな悲しい退職をこの世から消滅させること。

「コミュニケーションのパワー」をもって

本来辞める必要がないエンジニアが辞めることなく、活躍できる社会を目指します。

エンジニア専門のコミュニケーション・トレーニング

【コンセプト】

「100」のコミュニケーションスキルを習うより、
「10」でいいので徹底して実践できることの方が尊い

 ※このトレーニングはエンジニアが、コミュニケーションのプロフェッショナルを目指すのではなく、中級以上を「手堅く」目指すためのトレーニングです。

エンジケーショントレーニング.jpg
SDGSへの影響.png

【1】

計36時間でエンジニアの会話が潤滑

 エンジケーション・トレーニング

  エンジニア・技術職の研修といえば、

  設計CADスキル、プログラミング、

  電気回路設計などを思い浮かべられる

  かもしれません。

  当社のサービスはあくまでも、

  エンジニアや技術職にコミュニケーション、

  メール、アイデア発想から企業戦略まで、

  エンジニアスキル以外でありながら社会人

  として必須のスキルを研修を行います。​

  モノづくりの現場の起きた事例をもとに、

  ケーススタディでご紹介。

  同じことを何度も繰り返し、しつこく確認。

  確実なスキルUPをお約束します。

 ▶【対象者】

  ・エンジニア&技術職

​  ・技術者と接する社員

 ▶【期待できること】

  ・エンジニアがエンジニアをフォローする体制

  ・相手をイラッとさせないメール作成術取得
  ・退職率の劇的な改善

  ・設計現場の手戻り防止

  ・「いったいわない」の不毛な争い防止

​【2】

受講者のやる気に左右されない

計36時間の反復研修

0.5倍.png

「3倍研修」

 マネラク研修

  ▶【対象者】

   ・マネジャー層

  ▶【期待できる効果】

   ・マネジャーのメンタル負担軽減

   ・マネジャーが負担がラクなるスキル習得

   ・マネジャー8つの誤解解消

 イクメン研修

  ▶【対象者】

   ・入社3年目以上の先輩社員

  ▶【期待できる効果】

   ・あこがれの先輩社員になる

   ・若手社員のフォローによる退職防止

   ・相談される先輩11のルール体得

 若手研修

  ▶【対象者】

   ・新卒・20代社員

  ▶【期待できる効果】

   ・自己メンタルケア

   ・若手社員の退職防止

   ・自分で自分を成長するため

   ・上司や先輩に相談できるようになる

■紹介動画

【3】

派遣業をスタート・加速

派遣事業コンサルティング

長年、業界でNo.1の派遣企業の第一線で

戦ってきた経験を「仕組み」として

導入サポートします。

※成果が出るまでサポートします。

▶【対象者】

    ・派遣事業スタートしたい企業さま

    ・新たに拠点を立ち上げたい企業さま

    ・営業力をあげたい派遣会社さま

▶【期待できる効果】

    ・契約を取り続けるための営業力強化

    ・派遣法令サポート

    ・派遣事業スタート、拠点立ち上げ

 

スライド4.PNG
わたしたちの基本的な立ち位置
経営者・上司
サラリーマン (1).png
指揮命令・対応業務遂行
・改善提案を提言​
・相談内容を報告
チームアイコン (1).png
TEAM-IN
桐生・原が
何でも話せる関係性をきずき、
必要に応じて会社に
ご提案とご報告いたします。
​受講者
若者の無料イラスト (2).png
1.5行目の準社員として機能

・困ったときに相談できる第三者がいることで
一定のモチベーションをキープしつつ、メンタルケアをおこなう。

・上司が対応できない相談を代わりに対応することで
上司は本来やるべき、価値の高い業務に集中できます。

・こんなことを相談していいのか?と判断に迷うケースには

わたしたちが理解者になり、フォローいたします。

​研修終了後、繰り返し、しつこく確認。
「手堅く」定着まで導きます。
2段階サポート.png

■チームイン3つの約束
1:逃げずに最後までやりきります

2:万一効果が薄いとなった場合は追加でサポートします
3:誠実に長いお付き合いができるように努めます